株式会社アフロ不動産販売 > 株式会社アフロ 売買事業部のスタッフブログ記事一覧 > 基礎にひび割れがある場合の不動産売却はどうなる?影響や対策をご紹介

基礎にひび割れがある場合の不動産売却はどうなる?影響や対策をご紹介

≪ 前へ|不動産売却の際にリフォームは必要?注意点についても解説   記事一覧   戸建ての購入をご検討中の方へ!チムニーについて解説|次へ ≫

基礎にひび割れがある場合の不動産売却はどうなる?影響や対策をご紹介

基礎にひび割れがある場合の不動産売却はどうなる?影響や対策をご紹介

家を売るときに基礎がひび割れを起こしていることに気づくと、売却できるのか不安に思う人は多いでしょう。
しかし、基礎にひび割れが発生していても、不動産売却をあきらめる必要はありません。
今回は、基礎のひび割れが物件の売却に及ぼす影響や、ひび割れの対策についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

基礎のひび割れが不動産売却に及ぼす影響は?

基礎にひび割れが発生している物件でも、ひび割れの大きさによっては問題なく売却できる場合もあります。
売却価格に影響するのは幅0.5mm以上のひび割れです。
また、幅が0.5mm以下であっても、深さが20mm以上でさび汁を伴うひび割れがある場合は、その旨を告知した上で売却しなければなりません。
逆に言えば、それより小さなひび割れであれば重要事項説明で告知する必要はなく、売却価格にはほとんど影響しないのです。
500円程度で購入できる計測定規を使って自分で測ってみるとよいでしょう。
ただし、ひび割れが起きた原因によっては、売却価格に大きく影響することもあります。
たとえば、不同沈下によるひび割れの場合、基礎に根本的な問題があるので、売却価格を大幅に下げなければならなくなる可能性があるのです。

不動産売却時にとるべき基礎のひび割れ対策をご紹介

売却価格に影響するほどのひび割れが起きている場合、ひび割れが発生した原因ごとの対策が必要です。
不同沈下が原因の場合は、建物を持ち上げ、地盤改良などの方法で沈下修正をしてから元に戻します。
また、「鉄筋の間隔が開きすぎている」「コンクリートの厚さが足りない」など、施工不良が原因でひび割れが起こることもあります。
その場合は補修だけでは済まず、基礎を補強しなければなりません。
基礎の強度が足りていない可能性も考えられるため、まずはひび割れの原因を突き止めるために、専門業者へ調査を依頼しましょう。
もちろん価格交渉には柔軟に応じる必要がありますが、ひび割れを補修しないままでも物件を売却することは可能です。
その際は、購入希望者に告知する必要があります。
また、買取専門の不動産会社に依頼すれば「ひび割れがある物件」という前提で買取してもらえるため、検討してみるとよいでしょう。

まとめ

基礎にひび割れがある物件を売却する際は、ひび割れの大きさや原因を確認する必要があります。
ひび割れがあってもスムーズに物件を売却できる方法もあるため、不動産売却の専門業者などに相談してみるとよいでしょう。
私たち株式会社アフロでは、大阪市内にある売買・賃貸物件を豊富にご紹介しております。
大阪市にてお部屋探しをしている方は、当社までご連絡ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却の際にリフォームは必要?注意点についても解説   記事一覧   戸建ての購入をご検討中の方へ!チムニーについて解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • セレッソ大阪
  • コーポレートサイト
  • テナントサイトはこちら
  • 管理事業部サイト
  • LINE@
    • なんば店
    • 心斎橋店
    • 上本町店
    • 肥後橋店
    • 南森町店
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アフロ 売買事業部
    • 〒542-0081
    • 大阪府大阪市中央区南船場3丁目4-24
      アフロ心斎橋ビル
    • TEL/06-6241-3370
    • FAX/06-6241-3371
    • 大阪府知事 (2) 第58557号
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る